ともっちゃ工房 くつろぎ空間 夢が記憶に残るタイプ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夢が記憶に残るタイプ

花粉症のおかげで消耗中。
何もする気になれない ともっちゃです。
就寝したつもりが花粉症で起こされて寝不足。
迂闊に目を開けると痒くなったりでうんざり気味。

平々凡々な日常で書くこと無いんで、
昨日見た夢の夢日記をば。
こないだ小田原で海を眺めた所為か、
海の夢見ましたよ。

海面の防波堤みたいなところで
養殖場の説明を受けていたんですよ。
で、どういう訳か、水中の様子を見るために潜ることに。

海に飛び込み、水中を覗くと、
象が鼻をシュノーケルにして海底を闊歩。
三国無双4を寝る前にやった所為かと。
南蛮軍相手に象出てきたし。
で、三国無双同様に牙でドツキ廻される。

突き飛ばされて視界から象が消えた後、
象はいなくなってて、
クジラがいた。
それを見た夢の中の ともっちゃは一言
「これが進化か!」
突っ込むどころか
夢の中では何も違和感を感じず、
尚かつ冷静に変なこと言い出す自分に驚いています。

なんとか防波堤に這い上がったら
死んだジイちゃんがいた。
普通に手を借りて立ち上がったけど、
三途の川だったんじゃないかと今更ながらビビる。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
立ち上がって何か話したんですが覚えておらず、
そこで目が覚めました。

山無しオチ無しですが。
夢って思い返すと意味不明で、
ある意味おもしろいですよね。
下手なバラエティ番組よりもよっぽど。

現実が辛くなるけどね!(`・ω・´)


胡蝶の夢〈第1巻〉 (新潮文庫)胡蝶の夢〈第1巻〉 (新潮文庫)
(1983/01)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

[ 2010/03/16 18:33 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://studiotomochan.blog41.fc2.com/tb.php/207-04c1404a








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。