ともっちゃ工房 くつろぎ空間 ライラック級CTOL空母とパンジー級VTOL空母









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライラック級CTOL空母とパンジー級VTOL空母

やったー空母できたよー\(^o^)/

と、言うわけで、一応の完成。
手前がライラック級、奥がパンジー級になります。
ships00303.jpg
初期コンセプトは
航空戦艦の復活!
だったんですが、甲板が狭いのなんの。
三胴にすれば余裕wとか思ってた時期が私にもありました。
ちなみに全幅は88mとニミッツより10mほど広いのですが、
全長は280mと、ニミッツより50mほど短いです。
それでいて全通甲板ではないのだから、
実用性に問題が無いはずがない

最初に完成したのはライラック級。
制限の多そうなCTOL空母を先に作りました。
脳内設定ではパンジー級の改造型がライラック級なんですけどね。
艦橋の下を航空機が通過するなんて、
構造強度的に問題あるんじゃないかとか…
アングルドデッキはV字に二本あるようで、実は一本。
二本あっても、このサイズでは生かせないと思ったので撤去しました。
lilacp0101.jpg

パンジー級はVTOL空母ということで、着艦ワイヤなどは撤去。
テクスチャをVTOL向けに変更してありますが、
カタパルトは維持。
垂直離陸やスキージャンプは搭載量の問題がありますしね。
カタパルトを残しておけば便利なんじゃね?
という安直な発想から残してあります。
これで対潜装備のオリアスが運用できる! (`・ω・´)
武装は125㎜砲二門に75㎜砲二門、CIWS四基にVLS多数。
航空戦艦らしい重武装に仕上げてあります。
ships00301.jpg

[ 2010/06/01 20:20 ] 3DCG | TB(0) | CM(2)

 お久しぶりです、蒼緋銀黒でございます。
航空母艦就役ということでカキコ。

 上記の航空母艦は、完全なキャリアーというよりも「航空機運用能力を持つ巡洋艦」をスケールアップ、航空管制能力を付与したような形態にも見えますね。
 どちらかといえば、イギリスのインヴィンシブル級のように対地支援戦闘、海兵隊揚陸が主任務のよう。あ、対潜装備のオリアスを使えるということは、「潜水艦フルボッコ仕様の超ひゅうが型」ということですか!www

 小生も艦載機をぼこぼこ艦載機を作ってる割には「のっけるものがねぇ」状態ですので、空母は建造したいと思っているのですが、何せ船はごつくてでかくてパーツがハンパねぇ。
 最近はロケットばっかりつくってるので、そろそろミリタリに戻ろうかしら。そんな夜中です。

 そういえば、ぽっぽが辞任いたしましたねぇ。首相がころころ変わるのに慣れたというのは確かに、ですね。というか「こんなに国家のトップが変わって、世界の信頼なんざあるわけねぇ」のに・・・もう誰でもいいからFXを決定して欲しいです。

 長文乱文失礼いたしました。ではでは。
[ 2010/06/03 00:53 ] [ 編集 ]

確かに、この空母は米軍の移動海上基地のような役割よりも、キエフ級のような性質に近いですね。
対潜作戦を行い、敵の対潜哨戒機を排除することが主任務になります。
揚陸艦の搭載能力はありませんが、輸送ヘリを搭載すればヘリボーンもできますね。
単艦での殴り込みができそうですw
しかし、こう重武装になると値段が半端無いでしょうなw

艦首が武装で艦尾が飛行甲板という伊勢型の影響を受けていますが、
キエフ級の「艦首兵装による乱気流の発生」という教訓から、甲板を一段持ち上げてあります。

艦船のモデリングは非常にめんどくさそうですが、実際には箱をそれっぽく並べただけだったりもします。
今では小物の使い回しが当たり前になってしまいましたw
船体とブリッジさえ作れば、レーダーも武装も着艦装置一式も使い回しですw

>ぽっぽ
ポッポのおかげで「ラプター無理だったからタイフーン」と言えなくなりましたね…
普天間問題含めてご機嫌取りに米国製という可能性がさらに高くなりました…
タイフーン悪くないのに…(´・ω・`)
[ 2010/06/03 17:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://studiotomochan.blog41.fc2.com/tb.php/245-d764ce32








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。