ともっちゃ工房 くつろぎ空間 gdgd過ぎた尖閣漁船衝突問題









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

gdgd過ぎた尖閣漁船衝突問題

今回の尖閣問題。

検察が勝手に釈放したとか。
今後の日中関係を考慮して~ってか。
何を馬鹿げたことを言うかね。
検察が日中関係を考慮して判断する必要など無い。
法に法って判断しなさい。
外務省の領分に勝手にクビ突っ込むってな。

人質を取られた後に司法取引が裏であったとか?
裏で政治介入があったとしても、
三権分立とでも言っておこうや。
処分保留であろうと釈放すれば無罪確定だろうに。
相手は政府自身が引き渡しに応じない国。
どういう結果になるか判るでしょ。

この判断で
恫喝に屈する弱腰外交。
本国で人質を取れば領海侵犯も密漁もOK。
所詮はシャオリーベン。
と、徹底的に舐められることになるね。

そもそも船長釈放とか
中国にしてみれば多少は面子の問題があるが、
本来の目的は尖閣諸島の強奪。

だから米国が尖閣について安保の点で触れたのにね。

船長の釈放しようが問題の解決になんてならない。
多額の賠償金とか、白樺などのガス田から手を引くとか、
そのくらいしないと。

それが無理なら米国頼み。
恫喝から守ってくれと土下座するしかないな。
菅政権に独力で対応できる力量があれば話は別だが、
ぶっちゃけ

無いだろwwwww

これからは"自称"民間平和団体が動き出すだろうさ。
活動資金が変な処から湧いて出てる団体さんがね。


謀略家たちの中国謀略家たちの中国
(2009/11/26)
石 平

商品詳細を見る
[ 2010/09/26 11:37 ] 無い知恵を絞る | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://studiotomochan.blog41.fc2.com/tb.php/300-fb33d630








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。