ともっちゃ工房 くつろぎ空間 ミサイル防衛の偏見に一言









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミサイル防衛の偏見に一言

ミサイル防衛において、
いろいろな意見がある中、
気になる意見に愚痴る。

・湾岸戦争を引き合いに出すケース
湾岸戦争で使用されたパトリオットミサイルはPAC2であり、
これは航空機や巡航ミサイルなどの目標を撃墜するために、
近接信管による爆風と破片で対象を破壊するミサイル。
スカッドミサイルの迎撃に失敗というのは、
「命中しても効果がなかった」というケースも含むので、
命中率自体は迎撃成功率よりも高いです。
PAC3は弾道弾迎撃能力が向上しており、
命中率の他、弾頭を直撃型に改められています。
実戦では一発の弾道ミサイルに対して数発の迎撃ミサイルを撃つことで、
迎撃成功率は上げられます。

・ゴルフボール同士をぶつけるようなもの
ちゃんと計算されている。角度とか。

そもそも誘導弾ですし、サイズも大きいですからね。
無誘導のゴルフボールで迎撃するなんて例えは
的外れじゃないですかね?

・MD費用が無駄
そら日本で被害が出た方が嬉しい人にはそうでしょうよ。

弾道ミサイルのコスト<迎撃費用
とか言う理屈ならただのアホ。
迎撃費用+失敗による損害額<無抵抗による被害額
であればいいのよ。数字的にはね。
実際には人命が掛かってるんだから、
無駄だなんて事は一切ありえないと思うね。


そういや、今日昼寝してた時に見た夢がね、
過去に日本を横断した北朝鮮のミサイルが東北沖に着弾したやつでさ、
それが時間差で起爆して3.11の大震災が~
って夢だったの。
それだけです。はい。ただの夢です。

とりあえず、
今回、実際にミサイルが発射されたら、
まず、
「ファーーーーーーーッッ!!!!」

と、叫んで危険を報せましょう。


これから始める人のゴルフ入門これから始める人のゴルフ入門
(2004/04)
水谷 翔

商品詳細を見る




[ 2013/04/10 19:39 ] 酔っぱらいの主張 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://studiotomochan.blog41.fc2.com/tb.php/605-6d818799








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。