ともっちゃ工房 くつろぎ空間 【デジタルブンドド】米露空母艦隊決戦









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【デジタルブンドド】米露空母艦隊決戦

30分の大作になってしまって大草原 ともっちゃです。
ハープーン200発の動画のfps修正版のつもりが、
艦隊決戦の総集編になってしまいました。
作ってて楽しめたので良し。

デジタルブンドドというのは
ニコ動版海上護衛戦動画のコメント(大人向け電子ブンドド~)を見て、
これだ!って思いました。 コメントに感謝~。



太平洋と大西洋に挟まれた米国と、
氷に閉ざされたロシアでは海軍力にも差があって当然なんですよねぇ。
この動画なんてロシア艦隊の主力と、米一個機動群で戦ってるから、
米軍はさらに後ろに控えてるという戦力差。
米軍戦力半端ないですね。

ニコ動版ではBGMやネタでやりたい放題してます。
尺の都合で三つに分けているので、色々見にくいのが難。
YOUTUBEの方が無料で長時間高解像度の動画を作れる時点で、
ニコ動はほぼコメント目的。

今回の動画は1月から企画して、
2月に作りはじめました。
撮影に滅茶苦茶時間掛かりましたね。

撮影のメタい話は↓で

デジタルブンドド:DCS動画の編集は
これまでの動画と違い、
録画の切り貼りと字幕だけなので、
スゴイ楽です。

ただ、楽なのは編集だけでして、
シナリオを考えて、ミッションエディタで試してみて、
調整をくりかえしながら、カメラワークなんかも考えて、
数回分の戦闘を録画して、編集に持っていきます。
戦闘時間は数分のものから一時間近いものまで。
巻き戻しができないので迂闊に早送りもできず、かなり時間を喰われます。

今回は律儀に戦場全体を構成していたら
死んでも終わらないレベルなので、
いくつかのシーンに分けています。
出撃で4シーン、第一波の対艦戦と空中戦で4シーン、
第二波の対艦戦で1シーン(空中戦は一方的だったのでバッサリとカット)
第3波の出撃シーン、対艦ミサイル戦、砲撃戦の3シーン。
これら12マップをエディタで作り、撮影に挑みました。
出撃シーンなどは一時停止とカメラアングル設定を繰り返し、
同じマップを2周くらい実行して撮影します。
戦闘シーンはまずサテライトマップで撮影し、
ついでに絵になりそうな展開の場所と時間をチェック。
納得できるまで実行と撮影を繰り返します。
気に入った展開があったらトラックファイルを保存しておきます。

「露艦隊VS戦車隊」以降の撮影ファイル
20150306a01.jpg
↑これでMP4圧縮して130GB
未使用カットは削除済み
削除された未使用カットを含めると2~3倍くらいにはなりますw

実行する度に結果が微妙に違うため、
動画の字幕は「平均的な結果」になっています。
実況動画ではありません。

今回のラストの砲撃戦は、直前の対艦ミサイル戦とは別撮りになっています。
そのため、旧作の「30隻で艦隊決戦」とは違い、
砲撃戦をしながらミサイル戦もする展開になっています。
実際には、砲撃戦前に両軍の対艦ミサイルは撃ち尽くしています。
対艦ミサイルは30km~50kmの距離で撃ち合いが始まります。
砲撃戦は10km~30kmですね。
艦艇は時速50kmくらいで接近します。
被弾によってはさらに時間が掛かるので、
一回当たり30分近く待機する羽目になります。
真面目な戦闘シミュレーション動画ではないので、
そこは省きました。

数週間かけて撮影した動画ファイル。
あとの編集は切り貼りと字幕だけなので、
一日で終わります。

こうしてデジタルブンドド動画ができるわけです。

ともっちゃは、単純にドンパチ眺めるだけで満足できるので、
こういった遊び方で楽しんでます。
ちなみに、フライトはMSFSXで平和に飛びたい派で、
戦闘はエスコンみたいに爽快なシューティングしたい派。

邪道ですかねぇ?
[ 2015/03/07 01:06 ] ゲーム フライトシム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://studiotomochan.blog41.fc2.com/tb.php/705-3c1a8bdf








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。